パンパスグラス通り

P1310102 300x225 パンパスグラス通り

全盛期にはパンパスグラスを掻き分け掻き分け草で顔が切れないように注意しながら前に進んでいたパンパスグラスの道ですが、今の季節はいい感じに道になっています。

風が吹くとサラサラと葉の擦れる心地よい音がします。

指を差したお客さま、パンパスグラスの向こうに何を見つけられたんでしょうね♪