愛情

PB234165 225x300 愛情

こちら先日のハーモニーカップ障害飛越でグルーム長が騎乗し、ぶっちぎりのタイムで完走したことで話題をさらった、会員I様の愛馬、竹鶴17です。

耳を前に向け、目をぱっちり見開き、意識を前方に集中している様子がわかります。

前方に何があるのかというと、もちろんオーナーI様の姿。

「たけ」と呼ばれるとよそ見していたのに、耳をピクッ!視線はI様に集中。

「たけ」ピクッ「たけ」ぴくっ。その見事な反応ぶりに驚きました。

竹鶴17はHFAに昔からいたのですが、当時、人間不信なのか噛み付く可愛くない馬との評判がたっていたうえ、腰が悪く、レッスンにはほとんど出られませんでした。 そんな困った馬がI様に出会い、すべてを承知の上で自馬にしていただき、たっぷりの愛情とたっぷりのおやつをもらって数年が経ち、オーナーに甘える可愛い馬へと変貌を遂げました☆

愛情は馬を変えるんですね!

竹鶴17はとってもラッキーな馬。しあわせだね♪