「もの凄い事になっていた」

たくさんの外乗コースがあるHFAには「外乗日誌」があります。

次に同じお客様が来てくださった時に、前回はどんなコースで、どんなお天気で、どんな内容の話をしていたとか、馬はどの子だったのか、といった簡単なデータはとても参考になります。

さて。

外乗のエキスパートとして、数々のコースを開拓してきた我らが “ 外乗おじさん ” 梅本サン。

梅本節が炸裂しているのは外乗日誌でもご同様です!

本人には内緒で爆笑・梅本サン日誌をちょっとだけ紹介してしまいましょう♪

P7060044 300x225 「もの凄い事になっていた」

「常歩にて山さじき」(…うん。おそらく花さじきの事でしょう)

「美人でした」(ちょっと、お父さん)

「森の路。もの凄いことになっていた」(……もの凄いことになってるらしいです。一体ナニがもの凄いことに?…とツッコミたくなるのは万人共通と言って過言ではないでしょう)

「海泳ぎ。ウオーミングアップ後、裸でのる」(!?……ああ、馬ですね…裸馬。馬を書かないと大変な事態ですよコレ)

 P6225536 300x225 「もの凄い事になっていた」

etc…などなど。

直筆の字だけで読んでいると想像力をかき立てられて、そりゃあもうオモシロイのですが…

あんまり書くと「そんなにツッコむなよ!」とか「人権侵害だ!」とか「弁護士を呼べ!」とか、またぷりぷり怒りだすので、この辺で…

Blogのネタに困った時は梅本サンを観察するのは、もはやセオリーになりつつあります(笑)