夏の終わりはどこか淋しい

P82600621 300x225 夏の終わりはどこか淋しい

日が短くなり夕方になると涼しい風が吹き、トンボが飛んでいる光景に秋の訪れを感じる今日このごろ。

「もう秋やね〜」「はやいね〜」「だんだん1年過ぎるんはよなってきたわ〜」「ほんま1年なんかアッという間やねぇ」「もう秋、もうすぐお正月、あーはやいはやい!」

お正月にはまだかなり時間があると思いますが、そんな年末の切なさを思い起こすほどに、いくつになっても夏の終わりは淋しいものなのかもしれません。

入道雲と青い空。

こんな夏らしいコントラストの強い光が降り注ぐ日には、カラダ中で夏を感じてくださいね!